車検まであと何日?今日は2017年11月18日土曜日だよ
最新ニュース
Home » ユーザー車検とは » ユーザー車検の流れ5:スピードメータ検査




ユーザー車検の流れ5:スピードメータ検査

スピードメータ検査を行います。
基本情報

スピードとスピードメーターが連動しているかどうかの確認です。ローラーのついた検査台で実際にアクセルを踏みタイヤを回転させ40kmに達した所で、パッシング「ハイビームの点灯」を行います。スピードメーターと測定値が合っていれば合格となります。(人の行う作業なのである程度許容範囲があります。)

syakenspeedcheck

このような検査台に車を移動させます。

syakenspeedcheck2

スピードを出して40kmにメーターが達した所で、パッシングします。合格であれば電子パネルに●が表示されます。

kaodake

必ずハンドルをしっかりと握り直進状態を保ちましょう。 うっかりハンドルを切ったり手を放していると車が検査台から飛び出します。だるまやウィリー事件のようになっては困ります。

前へ:サイドスリップ検査ヘッドライト検査:次へ

 

基本情報

皆さんの車検の費用などのご投稿はこちらからお気軽に。

入力されたE-mailアドレスが第三者に公開される事はありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>