車検まであと何日?今日は2017年11月18日土曜日だよ
最新ニュース
Home » ユーザー車検とは » ユーザー車検の流れ4:サイドスリップ検査




ユーザー車検の流れ4:サイドスリップ検査

サイドスリップ検査を行います。 基本情報

サイドスリップ検査は前輪タイヤの横滑り量(タイヤの直進安定性)を計る検査です。アライメントが狂っているとまっすぐ進まずタイヤがガンガン減ってしまいます。車検の基準は走行距離1kmにつき横滑り量5m以内となっています。1キロも走れませんのでこの板の幅1mにつき5mm以内かどうかで実際は判断します。

usersyakensidesrippu

この様な可動する板の上を通過し、板のずれ方で横滑り量を測定します。

usersyakensidesrippu2

そのまま直進し停車します。 次の検査に向います。

kaodake

輸入車は車の規格が異なる事から横滑り量(許容値)を拡大した、横滑り量の特例扱いという物があります。保安基準第11条第1号で認定され日本自動車輸入組合・一般社団法人日本自動車工業会などが発行しているのですが、外車は新車でも日本の基準に収まらない事があるのでこの様になっているようです。
前へ:同一性の確認スピードメータ検査:次へ

基本情報

皆さんの車検の費用などのご投稿はこちらからお気軽に。

入力されたE-mailアドレスが第三者に公開される事はありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>